高額取引される鉄道模型!人気の車両

高値で買い取りされる鉄道模型とは?どんな車両が人気なのか。 - 鉄道模型とプラレールの違いと共通点

鉄道模型とプラレールの違いと共通点

鉄道が趣味という人はたくさんいて、鉄道模型もそんな趣味のひとつです。
でも鉄道模型というと「そんなの子どもの遊びじゃないか」という人もいるかもしれませんが、それは鉄道模型と「プラレール」を混同しているのかもしれませんね。

■プラレールって何?

「プラレール」とはタカラトミーが販売しているプラスティック製の列車のおもちゃです。
3歳の子どもでも遊ぶことができる車両とレールをセットにしたもので、発売から50年以上が経つロングセラー商品なのです。
今でも小さなお子さんがプラレールで遊んでいますし、子どものころに遊んだ思い出をお持ちの大人の方も多いことでしょう。
確かに、プラレールも鉄道模型も実際の鉄道をスケールダウンさせた車両が専用のレールの上を走るという点は同じです。
だからこそ、前述のような「鉄道模型なんて子どもの遊び」という言葉が出てくるのでしょう。

■鉄道模型とプラレールの違い

しかし、この2つには異なる点がいくつもあります。
その最も大きな点は、プラレールは内蔵されたモータを電池で動かして走るのに対して、鉄道模型は家庭のコンセントから電源を取りパワーパックという装置を介して交流を直流に変換してモーターを動かしているということです。
またプラレールは3両までしか連結できませんが、鉄道模型はそれ以上も可能です。
さらに鉄道模型ならパワーパックのコントローラーでスピードや進行方向などの運転操作ができますが、プラレールではできません。
その他にも、鉄道模型は1両の車輪の数は実物と同じですがプラレールには車輪が4つしかありませんし、鉄道模型は細部にもこだわっていて実物そっくりですがプラレールは子どもの手で握りやすい丸みを帯びた形をしている点も挙げられます。
鉄道模型はそのリアルさゆえに強度が十分ではない点やレールや車輪などのメンテナンスが必要ですが、プラレールは子どもが遊ぶためのものなので丈夫ですしメンテナンスもほとんど必要ありません。

■鉄道模型とプラレールの共通点

ただし共通点もあります。
統一された縮尺であるという点や直線だけでなくいろいろなレールがあること、電源は異なりますがどちらもモーターで動くことなどが挙げられます。
また、鉄道模型ほどではありませんがプラレールも細部にこだわっています。
これは鉄道模型の人気メーカーである「トミックス TOMIX」の親会社がタカラトミーであるという点も影響していることも考えられます。

子どものときにプラレールで遊んだ楽しい思い出が、大人になってから鉄道模型へと走らせているという人もたくさんいるのかもしれませんね。

関連する記事

Copyright(C)2017 高額取引される鉄道模型!人気の車両 All Rights Reserved.